年齢肌のシワの悩みには保湿+弾力やハリを与えてくれる成分配合を選ぶ

40代以降になるとシワがめだってきて気になる方は多くなります。くっきりとした大じわ、目の下や目の周りにできるシワ、頬に広がるちりめんじわなど皺の悩みも様々です。

 

シワは加齢により肌の真皮にあるコラーゲンが減少することで弾力が失われることでできます。コラーゲンだけでなく、肌本来が持つうるおい成分であるヒアルロン酸、セラミドなども補給してあげることが重要です。

 

大ジワと違い、笑った時などに頬全体に見られる「ちりめんジワ」や「小ジワ」は浅く保湿することで目立たなくなるのでスキンケアの基本ともいえる保湿を重視していきたいものですね。一方、くっきり刻まれた大ジワは保湿でどうにかなるものではないので、コラーゲンを増やすスキンケア、そしてセラミドで保湿を欠かさないことがポイントです。

 

 

シワが気になる女性にはコラーゲン配合の化粧品、コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を選ぶと間違いありません。コラーゲンを増やす成分はビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノール、などがあり肌の内部の繊維芽細胞の働きを活発にさせ弾力を復活させます。

 

更年期世代の女性は閉経前後から女性ホルモンであるエストロゲンが減少していきますが、エストロゲンは肌の真皮層のコラーゲン生成を促進させる作用もあるため、閉経後は肌が衰えたと感じるかもしれません。

 

シワ対策には肌の弾力、ハリを整える成分配合のオールインワンゲルがオススメです。

 

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織と三層構造になっています。表皮の上には角質があり角質層のバリア機能がダメージを受けると肌荒れなどのトラブルが生じます。加齢によるたるみやシワといった悩みは真皮層の老化が原因で起こります。
私たちが目にしている肌は「角質層」と呼ばれている部分です。肌は表皮の細胞が新しく生まれ変わるようにターンオーバーを繰り返しています。若い頃はターンオーバーにかかる日数は28日ですが、40代になると40?50日かかると言われています。このターンオーバーの低下によって古い角質が肌にいすわる期間が長くなり肌のくすみやシワなどの原因となります。メラニン色素の排泄も遅くなるため年をとるとシミができるのです。