シミは消える?美白成分配合のオールインワンゲルがおすすめ

シミには美白成分配合のスキンケア商品で消えるものと消えないものがあります。一般的に中高年に多く見られる「老人性色素斑」または「日光性黒子」と呼ばれるシミは紫外線の蓄積によるもので、薄いものは美白化粧品で効果がでますが、あまりにもクッキリ、ハッキリと輪郭ができてしまったものを消すのは根気がいるようです。

 

 

また、「肝班」と呼ばれるシミは女性ホルモンのバランスが崩れる30代以降の女性に見られ、頬骨を中心として左右対称にできることが多いものです。肝班は内服薬で薄くなるといわれていますが、美白化粧品でのスキンケアも有効です。

 

傷跡やにきび跡のシミは、「炎症性色素沈着」といわれています。にきびが跡になりやすいのは無理につぶしたり気にして何度もいじったりすることはもちろん、にきびに化粧はNGと紫外線対策を怠り日焼けをしてしまうことです。

 

また、化粧水をつけるときやメイクを落とす時にコットンをつかう方がいるかもしれませんが、これも要注意!コットンを使う場合は軽く滑らせるようにしないと刺激になってしまいます。

 

 

洗顔をするときにゴシゴシこする、お手入れをするときに力を入れてマッサージする、化粧水やクリームを塗りこむ、などが炎症を起こす原因となります。日常的に行なうスキンケアが慢性的な炎症を起こし、メラニンの生成を増やしシミを作るばかりでなく、肌全体がくすんでみえる原因にもなります。

 

 

シミ、美白対策は1年中するべきですが、美白効果のある成分は刺激が強いと感じる場合があります。顔全体につけるよりシミの箇所にワンポイントでつけるほうがいいかもしれません。オールインワンゲルなら、アレコレとつけることで肌に刺激を与えません。シミ対策、美白対策以前に肌をよい状態にすることが大事ですので、保湿効果の高いオールインワンゲルを普段使いするといいでしょう。